‘‘愛する人を亡くした人へ‘‘

こんにちは 衛生士の清水です

みなさんは、生まれ変わりを信じますか

実は2ヶ月前、私の夫が仕事中の事故により、まだ27歳という若さでこの世を去りました

私の心の支えであった大好きな夫を亡くし、私はこれからどのように生きていけば良いのか、

まだ1歳の子供をどのように育てていけば良いのか・・・

突然の別れに気持ちの整理がつかず、悲しみと絶望の毎日を送っています

葬儀が終わり、しばらくして、院長から私宛に1冊の本が届きました

 ‘‘愛する人を亡くした人へ‘‘ 

この本には、人は生まれ変わり、次の人生で愛する人(家族、恋人、友人など)と必ずまた巡り会うことができる

という事が書かれていました

この本を読み、少し気持ちが和らいだというか、救われた気がします

私も来世で必ず夫に会えると信じています

また夫に会える日を楽しみに、子供と一緒に夫の分まで生きていきたいと思います

院長、お心遣いをありがとうございました

‘‘愛する人を亡くした人へ‘‘」への1件のフィードバック

  1. 清水さん
    以前先生のブログでスタッフのパートナーの突然の悲報というのをみました。
    詳しい内容まではわからずただ気の毒に思う事しかできませんでした。
    そんな中、清水さん自身がブログで告白するという事はすごくつらく苦しく悲しい思いでいっぱいだと思います。
    以前、何かで現世は修行の場所で良い人ほど早く来世に呼ばれると聞いた事があります。きっとご主人も早い修行を終え、来世から貴女や子供さんを見守っていると思います。でもいつでも周りのたくさんの人たちに守られている事、決して一人ではない事を忘れずこれからも元気を出して生きてください。
    まるやま歯科スタッフのみなさんの親切な応対、笑顔にいつも感心しています。
    これからも良い仲間を大切にしてください。きっとあなたの力になると思います

コメントを残す