1年に1度のお楽しみ☆

衛生士の増田です

誰にでも1年に1度訪れる誕生日 年を重ねるとなかなか祝福されることも少ないのですが

今日は私の○○回目の誕生日

患者様からお祝いを頂きとてもHappyな1日でした。

お花をプレゼントしてくれたOさん、素敵なをくれたNさん、Kさん、Sさんありがとうございました。

そしてスタッフ3名からもお祝いをそれぞれいただきました

  Dscf8065_3 Dscf8066_5

Dscf8068_2 素敵なメッセージ付きで感動しました

こうしてまた1年、誕生日を迎えられることが1番の幸せなのかもしれないです

そして明日6月29日も 丸山歯科医院には誕生日を迎える方がいらっしゃいますよっ

‘‘愛する人を亡くした人へ‘‘

こんにちは 衛生士の清水です

みなさんは、生まれ変わりを信じますか

実は2ヶ月前、私の夫が仕事中の事故により、まだ27歳という若さでこの世を去りました

私の心の支えであった大好きな夫を亡くし、私はこれからどのように生きていけば良いのか、

まだ1歳の子供をどのように育てていけば良いのか・・・

突然の別れに気持ちの整理がつかず、悲しみと絶望の毎日を送っています

葬儀が終わり、しばらくして、院長から私宛に1冊の本が届きました

 ‘‘愛する人を亡くした人へ‘‘ 

この本には、人は生まれ変わり、次の人生で愛する人(家族、恋人、友人など)と必ずまた巡り会うことができる

という事が書かれていました

この本を読み、少し気持ちが和らいだというか、救われた気がします

私も来世で必ず夫に会えると信じています

また夫に会える日を楽しみに、子供と一緒に夫の分まで生きていきたいと思います

院長、お心遣いをありがとうございました

テ。テ。テ。テニス。

こんにちは衛生士の矢部です

みなさんは、雨女、晴男って信じますか??

実は私、かなりの雨女なんです

先週の木曜日にスタッフの田島さんと、望月先生の三人で、しとしと降る雨の中のあじさい観賞をする予定だったのに、土砂降りの中のあじさい観賞となってしまいました

そして、日曜日、趣味でやっているテニスの一般の試合が予定されていました

会場は浜松、前日の天候は土砂降り、これは中止かな???とあきらめていたその時!!

朝6時、小雨に

コートはハード(コンクリート)のため、試合が出来る可能性が!!

よ、よし!!

友達に7時に迎えに来てもらい、どんどん天気も回復

同乗者の先輩が晴男だと発覚

これならいけるかも!!

浜松インターを降りて、あと数分で到着

というときに

『今日は中止です』

はい。

帰りは早朝法多山にお参りしました

お参りの内容は『テニスが出来ますように

大好きなさくらんぼ!!

こんにちは、チョコレート大好きな山崎です

とさくらんぼもチョー大好きなんです 

さくらんぼと言えば今が旬数年前から毎年この時期になると山梨の原さんの農園にさくらんぼ狩りに行くんです

昨日は父の日でもあったため4人でさくらんぼ狩りに行ってきました

初めは私が好きだったから、知人に聞いて原農園さんを紹介してもらって行っていましたが行くなら大勢がいいと父母を連れて行ったが始まり

今では父母も楽しみにしているため我が家の恒例お出かけになっています

初めて大きな木からぶら下がっているさくらんぼを採り、口に入れたときの瞬間ホントに感動でした

来年はかわいいさくらんぼの映像待っていてくださいね

感謝の言葉

こんにちは衛生士の矢部です

今日のクリーニングの時に、ある患者さんから

「クリーニングが気持ちいい、キレイにしてもらうとスッキリする!!」

とお褒めのお言葉をいただきました

私はクリーニング専門の衛生士なので、同じクリーニングでも患者様によって感じ方や考え方が様々だということを常に感じ取っています。

時にはクリーニングがどうしても苦手な方もそれでもクリーニングを受けにいらっしゃるので、決してこちらとしては悪いことをしているつもりはないのですが、どうしても痛みを伴うようなクリーニングになってしまった時にはどこか申し訳ない気持ちになることもあります。

そんな中、多くの患者様に「キレイにしてくれてありがとう」という患者様のお言葉が本当に嬉しくてたまに涙が出そうになることがあります。

日々、自分の励みになっています

先日参加してきた勉強会で、歯を長持ちさせるためにはやはり日々の歯磨きと、定期的なクリーニングなんだそうです。どうせならせっかくの定期健診なら気持ち良く来院していただきたいですし、そのためには日々の努力が改めて大事だと感じました。

この場を借りて、私も患者様に感謝の気持ちを

毎日お忙しい中、クリーニングに来ていただいている患者様。

いつもありがとうございます

必需品!

こんにちわぁ~

アシスタントの児玉ですっ(・ω・)

お出かけするときに、いつも喉が渇いて飲み物を買っていたんですが、

ペットボトル1本飲みきれないことがよくあります・・・

そこでっ出かける時は出来るだけ水筒を持って行きます(笑

水筒なら飲める分だけなのでいいですよね

水筒が必需品のこだまでした~

節電してます!!

こんにちは衛生士の高橋です

当院では、「浜岡原子力発電所が停止する」ことをきっかけに本格的に節電対策が行われています。エアコンの温度を1~2度上げて運転させることはもちろんのこと、TVやPCのスクリーン表示を「省エネモード」にしたり、こまめに電気を消すなどスタッフ一人一人が節電に心がけています。

そのため、待合室の照明が若干暗かったり、空調が自然な感じがすると思いますがご了承頂きたいと思います

高橋家でも節電に心がけるようになり、例えば使用していない部屋のエアコンのコンセントを抜いたり、扇風機や団扇を利用したり・・・などなどできることから始めています。

ぜひ、皆さんも何か節電対策してみませんか

そこだけ気になった母

こんにちは、望月です。
久しぶりのブログ当番でネタに困ってしまったので、
ちょっと(結構)前の話になるのですが、
4月10日に、私も丸山スタッフの一員としてお揃いのTシャツを着て
大井川マラソンコース「リバティー」で開催された
「チャリティーマラソン」(私は5キロの部)に参加しました。

 

そこから遡ること数ヶ月前、院長先生から
毎年開催されている「焼津みなとマラソン」(院長はここ数年ずっと参加しているそうです)
の話を聞き、

 

でも私、
こんな事言うと自慢に聞こえるからあまり大きな声では言えないのですが、
実は物心ついた時から、かけっこで最後尾以外は走ったことがないです、
それもビリから2番目に大きく水をあけられての。
とそれとなくお伝えしたところ、

 

「マラソンは競争ではないから」
「一度走ったら世界が変わるよ」
と返ってきた院長の熱いお言葉を聞いているうち、
一生に一度くらいは、
一番距離の短い5キロであれば、
歩いてもOKならば、
とだんだんその気になってしまい、参加の意を固めた矢先、

 

「制限時間はたしか40分」
というまさかの新事実。
「準備期間はたっぷりあるから、完走目指してほしいな。」
というまさかの本格モード。

  

その日、
5キロ40分なんてムリだよ。。。
と頭を抱えながら家までの帰り道、ものは試しと少し小走りしてみたら
1分もしないうちに激しい息切れを起こして立ち止まり、
これは本当にどうしよう
このままでは4月以降、院長と目を合わせるたび気まずい思いをすることになる、、、
と私の悩める日々が始まりました。

  

まず5km40分ということは1kmを8分で走らないといけないけれど、
何も走ろうと思うから無理な気がするのであって、
早歩きでも完走は可能なのではないかと安易に思い立ち、
とりあえず毎日の通勤ルートの1kmを
いつもの10分以上をかけたのんびりウォークではなく、
足がもつれて転ばんばかりの自分なりの全力の早歩きで移動してみることを繰り返し
9分弱で家にたどり着く事が出来た日、
「これは頑張ればいけるかもしれないっ」と喜んだのもつかの間、
自宅から丸山歯科まで正確には900m強だったというまさかのうっかりミスで振り出しに戻りました。
駄目だ、やっぱり歩いたのでは40分は切れない……(当たり前です。)

  

途方にくれて半ば諦めた気持ちで過ごしていた頃、
院長から助け舟を手渡されました。
雑誌「Tarzan」のランニング特集号。
ガチアスリート向けなイメージの雑誌ですが
その号には私のような全くの運動してこなかった人向けのアドバイスも載っており、
「超初心者はまずは30分を歩いてみることから始める」
「それが出来るようになったら10分中1分、10分中3分、と
少しずつ走る時間をつくる。」
という、「これなら私でも……?」という方法が書いてあり、
その日から早速週に1,2度、休みの日に家の周りを30分程うろつくようになりました。

  

途中、震災の影響でみなとマラソンは中止の知らせが届き、
しばらくしてチャリティーマラソンの開催を知り、
みなとマラソン参加予定メンバーでそちらを走ることになり、
練習はしたりしばらくしなかったり、
やがて4月10日は目前に迫り、
その頃になっても1km8分は相変わらず切れなかったため
「40分台でゴール(2桁目の数字が4と5とではやっぱり印象が違う気がするんだよね)」
と自分の中で都合の良いように勝手に目標ラインを引き下ろし、
そしてとうとう本番前日を迎えました。

  

診療後、衛生士の田島さんと院長が集合時間について相談していると思ったら、
「朝6時集合」
という信じられない内容が耳に飛び込んで来ました。
朝6時。。。

  

かなり直前になるまでマラソンを走ることを教えていなかった母と
その後電話で話した際、翌日の集合時間を伝えると
「6時!?大丈夫アンタ?起きれるの?」
という予想通りの反応。
「大丈夫」だと答え、
宣言通り翌朝ちゃんと起床し、
コンビニで朝食を買って集合場所である丸山歯科医院に着いてしばらくした頃、
やはり心配だったらしく、
母からメールが着信しました。

  

以下がその中身なのですが、

  

「起きましたか。

大勢だろうから

押されてころばないようにね。」

 

 

……おされてころばないようにね……?

 

私が、この数ヶ月間、5kmだ40分だ8分だと悩み続けてきたのに、

押されて転ばないようにね。。。

 

早めに到着した会場は予想していなかった寒さで皆しばらく震えていましたが、
心が温かくなる東北頑張れのメッセージがそこここで見られ、
奇抜な衣装やちびっこ達もたくさん居て、
私は今まで経験したことがない、
多分あの日院長に声をかけてもらわなければ
この先も経験出来なかったひと時を過ごす事が出来、
また普段主に職場でしか一緒に居ない丸山スタッフとも楽しい時間を持つ事が出来、
自分でも思っていなかったくらい楽しい日曜日になりました。

  

そしてラン&ウォークだった(歩きok)5kmの部では、
ウォーク組はなるべく後方からのスタートだったこともあり、
またそもそもそれほど混み合ってもいなかったため、
母の願いは通じ
私は押されることも転ぶこともなく
無事に5kmを完走(歩)しました。