研いだ包丁でカレー作り

この前研いだ包丁で、今日はカレーを作りました。

せっかくだからドライカレーを作ろうと思い、

具材を約1cm角に切って、今回はひき肉ではなく、

塊の肉も1cm角に切り、包丁の切れ味を実感していたら、いつもの癖でフツーのカレーを作ってしまいました。

でも美味しいので、良しとしましょう!

今回はアクセントにナッツも入れてみました。

定期的な「刃」のメンテナンス

僕が料理をするうえで欠かせない物の1つとして、「包丁の切れ味」があります。

いろんな食材を切っていくうちに切れ味は落ちていくので、定期的に研いであげています。
研ぐときに使うものはこちら

左から荒砥石、中砥石、仕上げ砥石、小さい四角いものは包丁のさび取りに使うもの、砥石の台です。

荒砥石は刃が欠けた時などに使うため、あまり使いません、ですから中砥石から仕上げ砥石へ順に研いでいき、
輝きと切れ味を取り戻します。

受付 鈴木

 

料理は包丁の切れ味によって、味が変わるともいわれる程重要なものだと思っているので、
常に切れ味が良い状態になるようにしています。

 

みかん狩り

こんにちは、衛生士の小澤です。

土曜日の午前の診療後、みかん狩りをさせてもらいました!

診療室からちょうどみかんの木がみえます!院長が所有者の方に許可を得て、みかん狩りをして、みかんを頂きました!

みかん狩り私はしたことがなかったので、ウキウキでした

ちょっとの時間でしたが、スタッフ同士で美味しそうなみかんを見つけて採るのがすごく楽しかったです

いただいたみかん、とっっても美味しかったです!!

 

 

 

 

 

みかん狩りをさせて頂きありがとうございました。

院長先生から頂いたみかんの皮で陳皮(チンピ)作り

先日院長先生にみかんを頂きました、こだわりの自然農法で作られているため、
第17回健康道場でも登場したサルべステロールを摂取しなければもったいないと思い、みかんの皮で陳皮を作ってみました。

陳皮とは漢方薬の材料として使われており、風邪薬として中国では古くから用いられていたようです。
本来は天日干しをして、長い期間で数カ月かかるものを、文明の力を借りて、電子レンジで作ってみました。

1.まず、きれいに洗ってから好みの大きさに切って、水気を取ります。
2.耐熱皿に重ならないように並べ、500Wで2分~2分半加熱し、取り出します。
3.粗熱が取れたらさらに500Wで2分~2分半。これを完全に乾燥するまで繰り返し
4.乾いて完全に冷めたら、密封容器に入れて保存します。

できたものがこちら

レンチンやり過ぎたような…でも、「失敗は成功のもと」とも言うので良しとしましょう。

今回は陳皮茶として頂きました。

受付 鈴木

みかんの皮 食べました☆

衛生士森です。

院長先生にいただきました、自然農のみかん。

サルベストロールをしっかりいただくために皮を食べてみました。

まず、きれいに水洗い。

実を美味しくいただきます。

 

 

続いて、ヘタをとり、細く刻んで

砂糖で煮詰めて出来上がり!

 

 

 

触感をあえて残すためこの位。

濃い目の紅茶」に入れていただきました。

思ったより苦くなく美味しくいただけました。

遅れて障子張替え

普通なら年末にやる障子の張替えを、1人だと難しいので、友達に手伝ってもらい、
穴だらけだった障子を張替え、ようやく和室の景観が良くなり、人を迎えられるようになりました。

ただこのご時世なので、呼べるとしても限られてしまいますが・・・
これでたまに帰ってくる親にも叱られずに済みます。

少数の仲がいい友達を誘って食事をするのもいいかもしれませんね。

受付 鈴木

ユニクロ、ありがたや〜

こんにちは、衛生士の瀬見です

今年の冬は寒すぎて辛いですね

私は寒いのが本当に苦手なのでいつもインナーを重ね着します。そのせいで太く見えがちなのが悩み(笑)

そんな悩みを解決するべく、今年はついにユニクロのヒートテック超極暖を購入しました売り場に行くとヒートテックを買う人達でいっぱいサイズがあってよかった

超極暖は本当に暖かいので重ね着しなくても大丈夫そうです(笑)

今年は超極暖と共に冬を越したいと思います。

中国の漬物「搾菜(ザーサイ)」

僕はもともと料理人として、中国料理に携わっていました。
そこで中国の漬物である、搾菜に出会い大好きになりました。

搾菜は塩漬けにされているので、塩を抜き、そこにごま油、醤油、塩などを加えて食べやすくします。
年末年始に搾菜をいただいたので、それをお供にご飯を食べるのが最近のマイブームになっています。

受付 鈴木

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

僕は年末年始と体調を崩し、お休みをいただいていましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか、
昨年は激動の1年となりましたが、皆さんが力を合わせ乗り切った1年になったと思います。

これからも「ソーシャルディスタンス」「マスク着用」「三密」を基本としつつ、心の距離をより縮めていき、
お互いを支えあい、今年も1年ともに頑張っていきましょう!

受付 鈴木

今年も宜しくお願い致します!!

新年 明けましておめでとうございます。

衛生士 森です。

今年は自宅でまったりし過ぎてブログアップが遅れてしましました。

今ある日常に感謝しつつ、元気に今年も過ごしていけたらと思っています。

そして丸山歯科医院に来院して下さる患者様のお口と全身の健康を精一杯サポートしていきたいと

思います。

どうぞ、今年も宜しくお願い致します。

 

さて、私の年末年始の生活は、というと結婚後以来、初の自宅で過ごしています。

県外の義実家にも帰省せず、旅行も行かず、親戚の集まりもなく、ただひたすら自宅で過ごす・・・

初詣は近所の小さな神社へ徒歩で行ってきました。

毎年 帰省しているのですが、家族分の荷物の準備や移動など大変だな~と感じていたのですが、

自宅で過ごす年末年始の方がもっと大変だった・・・

まず、3食の食事準備~

作って→食べて→片づけて→また作る~の無限ループ

年末年始といえども、家族の生活はただの休日なので、家事こなし 勉強みてと

何かとやること多し。どうしたらゆっくり過ごせるのか?謎です。

そして 何するわけでもなく いつも以上にあっという間に過ぎ去る(笑)

おうち時間の楽しみはやっぱり食に走るため、お取り寄せしておいたものや、ふるさと納税の返礼品などちょっと豪華に自宅で外食気分楽しめました☆

静かな年末年始を・・・悪いことばかりではなかった気がします。